SSブログ

会社のDNAとしての強さ [2004年読書記録]


マッキンゼー式 世界最強の仕事術

マッキンゼー式 世界最強の仕事術

  • 作者: イーサン・M. ラジエル
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2001/04/01
  • メディア: 単行本


読書完了日:2004/11/10

マッキンゼーの仕事のやり方、コンセプトをまとめた本。
筆者は元マッキンゼーのコンサルタントであるが、
訳者は違う。その辺で正しい内容で表現されているのか
気になるところですが。

マッキンゼー。コンサルティング会社の中でも
一つ飛びぬけた存在として見られる会社。
しかし、この本を読む限り、ものすごく特殊なことを
やっているわけではないと思う。

ただ、それを会社としてしっかり体系化し、
DNAとして会社に植え付けられている事が一番の強みなのでは
ないだろうか?

2004年51冊目

気になる点としては、
 ・解決策 -事実に基づき
      -厳密に構造化され
      -仮設主導である
 ・MECE(互いに重ならず、全てを網羅する) ※これは有名ですね。
 ・解決すべき問題なのか考える。
 ・解決策を事実に当てはめない。
   (IT系の自分は注意しないと)
 ・クライアントの限界を知る
 ・エレベーター・テスト
 ・低い枝の実を取る(成果をすぐに提示し、信頼を獲得)
 ・正直に分からないと言う

等々キーワードを出せば、キリがないのでこの辺で。

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます