SSブログ

夫婦での資産形成第2弾 [2006年読書記録]

35才、サラリーマン夫婦が5000万円の資産をつくる法
山本 耕平
アスカエフプロダクツ (2005/12)



読書完了日:2006/01/23

夫婦での資産形成を説いた本で、この系統の本を読むのは2冊目。
Simple life:夫婦での資産形成

非常に合理的なんだけど、その中で人間性を重視しており、
自分たちが求めているものと近く、納得して読めました。

結婚してダブルインカムのうちに、一気に1000万円まで貯蓄し、
それをベースに投資スタイルを気付いていくというのが基本。
投資先も単純な株ではなく、海外ファンドの利用などを謳っています。
(住宅や車の投資は当然控えめに。基本はキャッシュでの購入)

こう書くと、金融技術的な本かと思われがちですが、
それ以上に夫婦、パートナー間の信頼、そして2人、最終的には
家族で築いていくスタイルが強調されており、大変共感できます。

投資スタイル、投資方法も自分と近い物があり、大変勇気づけられた1冊です。

2006年5冊目

【楽天で購入】35才、サラリーマン夫婦が5000万円の資産をつくる法
【Amzonで購入】35才、サラリーマン夫婦が5000万円の資産をつくる法気になった点としては、

 ・夫の収入も妻の収入も全て合算して、「夫婦の資産」を築く。
 ・自然の流れに逆らっても無理しても、あまりうまくはいかない。
  しばらくたつと元の流れに戻っているもの。
 ・自分の子供を育てられる期間は短い。
  自分の仕事なんかに時間を割いてはいけない。思い切りに子育てに専念する。
 ・資産を形成するには、まず円満な家庭を築くことが大切。
 ・結婚したばかりの若い時期は2人で年間400万円を貯めることが目標。
 ・デュアルカレンシー債は狙い目。
 ・専業主婦の家計管理のポイントは、夫の給料から貯蓄と小遣いを除いた残りを
  生活費として家計口座に入れ、家計口座の管理はパートナーに任せること。
 ・貯蓄を給料天引きし、生活費として使える額しか手元に入らないように
  してしまえば自然にお金は貯まる。
 ・親の援助を当てにすると、細かいことに口を出してきます。
 ・最初の10年で資産形成に無頓着で、わずかな頭金で多額のローンを組んで、
  住宅を購入すると生涯お金に苦労する。
 ・住宅購入を出来るだけ先延ばしにして、運用資金を減らさない。
 ・みんなが騒げば八合目。
 ・複利のパワーを発揮するには、時間を味方にすることがポイント。
 ・海外での資産運用。オフショア金融機関。
 ・海外ファンドなら、いったん購入すると簡単に解約しにくいのがポイント。

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます