SSブログ

会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方 〜株の原価〜 [2007年読書記録]

会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩
中桐 啓貴
クロスメディア・パブリッシング (2007/05)
売り上げランキング: 86
おすすめ度の平均: 5.0
5 投資を基礎から分かりやすく説明
5 会社勤めすべての人におすすめ
5 投資本の中で一番最初に読むべき本



読書完了日:2007/06/06

会社勤めの人間がいかにして、資産形成をしていくかを説いた本。

世の中投資というと、いかに安く仕入れ、それを高値で売り抜くかに
焦点が行きがち。もちろんそれも一つのスタイルではあるが、
そこにあるのは投資先自体への興味はなく、たんなる「金額」だけの世界。
そうではなく、投資したもの自体が収益を産むことを考えれば、
当然その企業の実態にも目が向く。
それが企業を見抜く力になり、最終的には「金額」にも返ってくる。

そして、株価の「原価」とは何かを見抜き、
原価と定価に乖離があるものはたとえ魅力的でも買わない。
株価(=定価)というのは会社の金庫の中にあるお金(=原価)と将来稼ぐお金を足したもの。
この点を考慮すれば、異常に株価の高い企業のいびつな形が見えてくる。

そんな投資の本質をかいま見せてくれる1冊です。

具体的には、投資信託を積み立てで進めていくことを謳っています(詳細は読んでくださいね)。
そして、給与天引きで、仕事を忙し面白くする。
これにより、無駄なお金を使わず、資産状況に一喜一憂されることなく、
楽しく生活することにつながっていく訳なのです。

大変参考になった良書です。

2007年59冊目

【楽天で購入】会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方
【Amazonで購入】会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―確実に儲けを生み出し続けることが、お金持ちへの第一歩


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます