SSブログ

リーダーのためのとっておきのスキル 〜行動科学に着目したマネジメント〜 [2007年読書記録]


リーダーのためのとっておきのスキル

リーダーのためのとっておきのスキル

  • 作者: 小阪 裕司
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2005/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




読書完了日:2007/07/22

このエントリーで上げた著者のリーダーのためのマネジメント、教育論。
前で紹介した本と同様に行動科学をベースにしており、それをビジネス現場での
人材育成にどう活かしたかという著者の体験論を中心にまとめられています。

やはり本書でも「行動」に着目している。
仕事の現場だと、ついつい「あいつは使えない」だの「やる気がない」だので
「行動」ではなく「人格」で人を責めてしまう。

しかし、必要な行動を正確に伝えた上での「叱責」だろうか?
だとしても、「人格」ではなく「行動」について、ほめたり、叱ったりすればいいのでは?

必要な行動を分解し、それを「行動のレパトリー」にする。
それをチェックリストにして共有し、日々の業務を進める。
(単なるチェックリストではなく、相互確認できるリスト)
その行動をすることで「快」がうまれる仕組みを構築する。

最後のプロセスは、自分がお客様に基幹業務のシステムを構築する際に、
お客様と一緒に業務プロセスを取りまとめていく時とある意味一緒。
「快」の部分を一緒に組み立てられるようになると、納得感というのも変わってくるだろうか?

(いかん、このままでは年間120冊ベースが怪しくなってきた・・・)

2007年66冊目

【楽天で購入】リーダーのためのとっておきのスキル
【Amazonで購入】リーダーのためのとっておきのスキル

スポンサードリンク


タグ:book leader
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます