SSブログ

「お金をもらわない仕事」と「お金をもらう仕事」 ~本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本~ [2009年読書記録]


本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本

本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本

  • 作者: 内沼 晋太郎
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2009/03/19
  • メディア: 単行本


読書完了日:2009/08/12

著者はブック・コーディネーターとして、様々な「本」関係の
プロジェクトやユニット活動を行っている。

ダブルA面的な本。「本の未来」と「仕事の未来」。

「仕事」と「本」、そして「未来」。
この本自体の存在は以前から知っていたが、手に取るまでに至っていなかった。
しかし、7月の「未来の仕事」、8月の「自分の本をつくる方法」という
2つの自由大学を受けていることもあり、
非常につながりの強いこの本を手に取ったわけである。

なんと著者のレーベルである「numabooks」も自由大学のある
「世田谷ものつくり学校」にオフィスがある模様。
今度探してみよう。

「本の未来」
様々な本を使ったプロジェクトが紹介されている。
本と言うある意味内省的なものを使って、様々なコミュニケーションを
生み出しているように思えた。
本ではある意味タブー的なこと(書き込みするなど)を使って、
新しい価値を生み出している。

「仕事の未来」

「お金をもらわない仕事」と「お金をもらう仕事」をそれぞれやる。

その「お金をもらう仕事」の中にも
  自分のやりたいことに近くて「お金をもらえてしまう仕事」、と
  自分のやりたいことと関係のない、「お金をもらうための仕事」
があると。

お金をもらわない仕事。

お金をもらうことを考えだすと、どうしても「お客様」という考えが出てきて、
自分のやりたいことからずれてきてしまう。
それがいけないというわけではなく、そのずれに気づくこと、
そして自分を見失わないために、「お金をもらわない仕事」を持ち続ける。

新しい視点を手に入れた気がします。

2009年90冊目

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます