SSブログ

自由大学「地域とつながる仕事」4回目 ~夢を腑に落とすため~ [日々、学ぶ]

自由大学「地域とつながる仕事」の4回目に参加してきました。
今回の講義で唯一平日の開催。仕事が押してしまい、約30分ほど遅れてIIDへ到着。すでに今回のゲスト:早稲田大学大学院の友成真一教授の話は始まっていました。

遅れてきた私に「もう今日のポイントは話し終わったから!」と軽い冗談を交えながら、話に入り込ませてくれます。

【関連エントリー】
自由大学「地域とつながる仕事」3回目 ~振り返り、そして各自のプロジェクト考え、応援する~
自由大学「地域とつながる仕事」2回目 ~小布施で地域のキーマンたちに会う~
自由大学「地域とつながる仕事」1回目 ~人、居心地のよさ、すこやかな仕事~
久々に自由大学へ、地域とつながる仕事 (イントロダクション講義)に参加してきました。 

使われていた資料のタイトルが

「地域」とは? 「仕事」とは? そして「生きる」とは?


お金を稼ぐ「タコツボ」に入ればいいのに、「なぜ」と思い、「何か」に気づいてしまった参加メンバーには非常に響くタイトルですね。地域経営の専門家である友成先生ですが、今回の講義は「地域とつながる仕事」をする上でのビジョンというか、指針を提供してくれています。

モデレーターの友廣さんがまとめるのではなく、感じた方がいいと言っていましたが、とりあえず今回の講義ポイントをまとめてみます。

・経営=持てる資源を最大限に活用し目的達成を極大化する行為を
 やり続けること。
・Passion 面白いことを徹底的に探す。対象への愛情。
 Vision ゼロベース=素の自分で考える
 Action 一点を突破する
・一点突破理論 突き抜ける。突き抜けないと分からないことがある。
・「自己」と「自分」の違い
   自己=戦う感じ。タコつぼを立派にしたくなる。ぶつけたくなる。
   自分=他者が前提。つながっていて、その中の自分の分け前
 →「自分経営」へ
・タコつぼは必要。言葉すらタコつぼ。
・マクロな罠にはまらない。
 具体的な「誰を」「どうしたいのか」をミクロに考える。

・男性的パラダイムと女性的パラダイムの違い。
 結果というタコつぼを「目的」とする男性と、
 結果というタコつぼを手段として、ミクロな「素ダコ」が目的な女性。
・未来のことを考えるのではなく、未来の自分に預けてしまう。
 まずはアクションをする。そして、将来の自分に判断させる。
・お金もタコつぼ。しかし、お金は現代を生きる上で必要。血液。
 そのバランス。ベーシックな部分(ビジネス)+突き抜けた部分。
・完全な素ダコでは生きていけない。


タコ、タコつぼなんて言葉が出ていますが、その内容は是非「問題は「タコつぼ」ではなく「タコ」だった!? 「自分経営」入門 」を読んでください。友成教授の人柄もわかる大変楽しい1冊です。

夢をマクロのなんとなくいいことだよねではなく、自分の「素ダコ」にすっとなじむ、腑に落ちる形に落とすためのヒントを頂きました。

地域経営という視点では、下記のような話も出ていました。

・マクロでは幸せになれない。現場が大事。
・地域経営には「バカモノ」(食らい続ける人)、「ヨソモノ」が必要。
・まちを作り続けることが大事。過程。
 これを如何にまちにぶち込めるか。
・まちの商店街の人々、商売人としての立場が降りてしまっている。
  →過去の成功モデル(高度成長期の勝手に売れるモデル)に
   しがみついている。
・しつらえ方も大事。


最後は皆で自分のネクストアクションを考え、共有します。明日の朝になってから考えようではなく、今のこの時点で小さなことでもいいからアクションを決めて、自分に宣言する。その行動が自分を変えていくと。皆セミナー参加、人に会いに行くなど具体的なアクションが決まっていきます。今後が楽しみ。

さて、いよいよ次回で最終回。どんなプロジェクトが生まれてくるのか?
楽しみです。

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます