SSブログ

早朝の有効性の医学的検証 [2004年読書記録]


朝2時間早く起きれば人生が変わる!

朝2時間早く起きれば人生が変わる!

  • 作者: 宮西 ナオ子
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 単行本


読書完了日:2004/11/03

以前朝の有効活用:Simple lifeのエントリーで紹介したように
早朝の有効活用が自分の一つのテーマになっています。
ただなかなか実践できていないのが実際のところ。
その気持ちを奮い起こす意味でも、また早朝活用関連の本を読んでみました。

この本は心身医学系の造詣があるために、医学的見地から早朝の
有効性を説いています。
正直その部分は理解しづらいところもありましたが、
医学的にも証明されていることであれば、ますます実践したくなります。

実践のために、心に留めておきたいこととして、以下をメモ。
 ・夜は、欲望が渦巻く時間帯
 ・つらいのは目が覚めてからおきるまでの間だけ
 ・まず眠り、それから考える(→寝ている間に情報が整理される)
 ・1時間ではなく、2時間早く起きる
   (1時間では朝の余裕が増えるだけ、前日の生活に変化はない)

明日からはまた早朝を是非有効活用しよう。
祝日とかに早起きして、さっといろんなことやって遊びに行くことのできる日の
爽快さを思い出しながら。

2004年49冊目

スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます